飲食店・レストラン“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアムワールド」

インタビュー

【タイ発/新型コロナ企画③】飲食業界未曽有の危機に対応してブランディング戦略を再構築中 Kitano Kaio Co.,Ltd. Managing Director 小澤将生

12月15日にJETROバンコク事務所が発表した、2020年のタイにおけるタイ国内の日本食レストランの店舗数は対前年比12.6%増え、4,094店となり、初めて4,000店の大台に届いた。しかしながら、COVID-19(新型コロナウイルス)の影響で閉業、退店も増加。特に、3月22日から5月17日まで約2ヶ月の間タイ政府が商業施設や飲食店を閉鎖したことの影響で閉業、退店が増加。調査開始以来最大の減少数を記録した。

この調査の中で特に注目すべきは、日本食レストランの店舗数増加に大きく寄与しているのが、地方の勢いだと思われる。店舗数は対前年比で12.6%増えたと書いたが、バンコクと地方を比べると、バンコクの伸びが5.6%であるのに対して、地方の伸びは21.0%に達する。言うまでもないことだが、地方でこれだけ伸びたということは、「タイ人によるタイ人のための日本食レストラン」が増えたことと同義だと思う。

観光客が皆無となり、タイ国内に滞在していた観光客以外の外国人も大きく減っていったことで、外国人に依存していたバンコク都心の商業施設などが集客を減らす一方、COVID-19の感染拡大が収束する中、地方の消費が力強く回復してきたことが日本食レストランの店舗数にも影響している。

今回インタビューをお願いしたのは、今年7年目を迎える「北海道レストラン 原始焼き スクムヴィット26」のオーナーの小澤将生さん。小澤さんは、2018年からタイの「原始焼き」グループ3店舗の経営を任され、2019年からは「原始焼き」2店舗を買い取り、自らオーナーとしてタイの日本食最前線に立つ。

小澤さんのお店は、COVID-19によるロックダウンが明け、通常営業が再開された後、一時、タイ人客が70%まで増え、現在ではその数が50%にまで変化してきたという。そして現在、それまでの居酒屋業態一辺倒の業容を改め、ランチ重視のブランド構築、タイ人向けデリバリー業態のFC導入など、大掛かりなブランディング戦略の再構築を展開している。このように日々変化する状況の中、ロックダウンの最中から、再開後正常化する中で、小澤さんが模索してきたことについてお話をうかがった。


(取材=まえだ ひろゆき)

店舗データ

店名 Hokkaido Restaurant Genshiyaki Sukhunvit26 北海道レストラン原始焼き スクンビット 26
住所 83 , Soi 26 Sukhumvit Road,Khlong Tan タイ王国クローントゥーイ区 10110
電話 080 783 9915
営業時間 11:00〜14:00、17:00〜22:00
関連リンク Hokkaido Restaurant Genshiyaki Sukhunvit26 北海道レストラン原始焼き スクンビット 26
関連ページ ”炉端焼きをタイに” タイ、バンコクで炉端焼き居酒屋を展開する「原始焼き」オーナーの伊川氏、中山氏にインタビュー

インタビュー一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2019 Food Stadium.,Ltd. All Rights Reserved. All Rights Reserved.