飲食店・レストラン“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアムワールド」

インタビュー

【タイ発/新型コロナ特別企画①】バンコク居酒屋王の激白 SHAKARIKI432 Co.,Ltd. President & CEO 清水友彦

2020年、全世界を襲ったCOVID-19(コロナ)による経済危機。タイでも3月に外国人の入国を禁止し、現在も一部のVISAを持った外国人以外の入国は厳しく制限されている。タイ全土に発令されている非常事態宣言も毎月延長を繰り返し、すでに8ヶ月がたった。

このような状況下ではあるが、内需に支えられた外食産業は、6月の外出禁止令解除以降着実に回復に向かっている。依然として、観光客に依存していたリゾート地や都心部の商業施設などを除けば概ね2月前の水準に戻った所も多い。特に、タイ人の来客が殆どを占めるバンコク郊外のショッピングモールなどは大きく集客を戻している。

今回インタビューをお願いしたのは、タイ国内で約30店舗の居酒屋チェーンを展開する「しゃかりき 432"」の清水友彦さん。今年の4月には全店舗の売上げが対前年比4%まで急落し、その後も店内飲食の禁止、アルコール提供の禁止などで5月は12%、6月は35%と危機的状況に直面したが、7月以降順調に回復し、現在では、95%まで回復を成し遂げた。

3月以降の危機的状況に際して、どのような対応策を採ったのか。V字回復に至る経緯。さらには、今後の展開に対するビジョンについてうかがった。


(取材=まえだ ひろゆき)

インタビュー一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2019 Food Stadium.,Ltd. All Rights Reserved. All Rights Reserved.