飲食店・レストラン“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアムワールド」

インタビュー

【タイ発】アメリカからタイに渡り22年 多業態多店舗展開で成功 Mercato Co., Ltd. 増田 慎太郎

全世界を巻き込んだ新型コロナウイルスによる経済危機は、タイにおいても例外なく、全産業に深刻な影響をもたらしている。タイの主要産業である観光産業も、2020年3月現在、タイ政府がすべての外国人の入国を禁止する国境封鎖を陸路空路ともに実施したため、観光客がタイを訪れることが全面的に禁止となっており、観光産業全体が壊滅的な危機にある。

外食産業についても事態は深刻で、3月22日以降、すべての飲食店が店内営業を禁止され、持ち帰りかデリバリーのみの営業しか許されていない。コロナウイルスの感染拡大が始まって以来、ウイルス感染者がでた店舗が閉鎖に追い込まれたり、通常の営業を続けていても20-50%の売上ダウンを記録する店が多かった。それが今回の措置で外食産業全体が深刻な影響を受けるのは間違いない。日系飲食店でも、状況は変わることはない。

今回タイ政府が営業停止命令を出す前の状況を見ると、どの業態でも、売上を大きく減らしていた。しかし、日本人、タイ人、観光客などの客層、業態、出店エリアによってダメージの度合いに差が出ているのも確か。日本人同士の接待需要が大きかった店はダメージも大きいが、タイ人の固定客が多い店は比較的マイナスが少なかったり、郊外店のほうが落ち込みが少ないなど。今後の課題として、立地を分散させたり、そのための多店舗多業態展開でリスクを回避するのも一策かもしれない。

今回紹介する Mercato Co., Ltd.の増田 慎太郎さんは、アメリカ、ロスアンゼルスでの飲食店経営の経験を携えてタイにやってきた。最初は、道端の小さな「おにぎり屋」から始め、いまでは、居酒屋業態3店舗、海鮮居酒屋業態2店舗、とんかつ業態3店舗、焼き肉業態1店舗、牛丼業態1店舗の10店舗を展開する業容となった。いわゆる多店舗多業種展開だ。

※このインタビューはタイ政府が非常事態宣言を発令した3月26日以前に行いました。


(取材=まえだ ひろゆき)

インタビュー一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2019 Food Stadium.,Ltd. All Rights Reserved. All Rights Reserved.