飲食店・レストラン“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアムワールド」

インタビュー

【タイ発】“敵が多いし叩かれますけど 他ができないことをやってるから…” 隠れ家グループ 浅本 亮

2019年に外務省が発表した海外に在留する日本人の都市別人口でアメリカのロサンゼルス(約69,000人)に次いで多いのがバンコク(約55,000人)だ。2016年に上海を抜いて2位に浮上して以来世界で2番めに日本人の多い都市の座を守っている。そして、バンコクの中でも日本人が特に集中するのがスクムビットエリア。とりわけ、BTSのアソーク駅からトンロー駅の半径3キロ程度のエリアにほとんどの日本人が住み、日本人向けの飲食店も集中して出店している。

このエリアに飲食店を出店する場合、同じ業態を多店舗展開することは難しい。商圏が狭いためお互いの店舗でカニバってしまうからだ。しかし、飲食店を経営する側の論理から言えば、狭いエリアに集中的に出店することで様々なメリットを享受することができる。日本人が集中する人気エリアに多業態で他店舗を展開することはバンコクの飲食店経営者なら誰しも考えること。

しかし、食材調達、人材、出店先の物件確保など必ずしも都合よく出店できるとは限らない。たとえ、店を構えることができたとしても、競合店がひしめくなかで、競争優位に立てる保証はない。バンコクは世界でも有数の日本食激戦区だからだ。居酒屋であれ、焼肉店であれ、寿司屋であれ、料理の品質はもちろん価格、サービスが競合店に見劣りすれば、顧客はすぐに離れていってしまう。

今回インタビューにご協力いただいたのは、2008年から10年以上バンコクで飲食店を経営し、現在日本食激戦区であるスクムビットのトンローエリアで5業態6店舗を展開する「隠れ家グループ」の浅本 亮さん。和風スパゲティから始まり、居酒屋、焼き肉屋などに多業態展開。さらに、日本人向け居酒屋からタイ人が90%を占める焼き肉店と顧客層の拡大と、単なるドミナント展開ではない成功の秘訣をうかがった。


(取材=まえだ ひろゆき)

店舗データ

店名 隠れ家 離れ
住所 Between Soi9-11 Thonglor, Sukhumvit55 Rd.,Klongton-nue,Wattana
電話 082 796 2837
坪数客数 400平米 200席
オープン日 2009年10月
関連リンク jinemon.com

インタビュー一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2019 Food Stadium.,Ltd. All Rights Reserved. All Rights Reserved.