飲食店・レストラン“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアムワールド」

インタビュー

【タイ発】日本生まれのタイレストランがアメリカでファストフードチェーンを目指す 株式会社スースーチャイヨー 川口 洋

日本からタイへ進出してくる飲食企業の思惑は様々。しかし、ほとんどの企業がタイをアジアの中でも有望な消費市場として位置づけている。そのために、6000万人以上の人口を抱えるタイ人マーケットを狙って多店舗展開を目指しているケースが多い。そのためのメニュー開発、店舗開発、価格戦略が重要になってくる。いわゆるローカライズ戦略だ。

一方で、日本から進出してくる飲食企業の中には、タイという国を消費市場ではない位置づけに考えている企業もある。その一つが「スースーチャイヨー社(以下、SSC)」。SSCは、日本で「クルン・サイアム」、「タイ料理研究所」などのタイ料理レストランを中心に日本国内で15店舗展開している。2017年に初めてタイへの出店を果たしたが、これは日本発のタイ料理店、タイ料理の逆輸出として話題になった。

しかし、SSCにとってタイは、多店舗展開を目指すようなマーケットではない。現在は、日本向けのタイの人材の採用拠点あるいは、食材の供給拠点として活用している。さらに今後はアメリカ市場で展開を予定している"タイ料理のファストフードチェーン"を予定しており、その時にはあらたな役割が期待される。SSCの経営理念には「我々は、タイ料理とタイ文化の普及に命をかけます。社会に貢献します。」とタイ語と日本語で掲げているが、近い将来これが3ヶ国語になる日も遠くないはず。

今回インタビューに協力いただいたのは、SSCの代表取締役の川口 洋さん。川口さんは、1992年に大学卒業後外務省に入省。11年間、外務省職員として勤務するなかで、シリアに3年、オマーンに4年と中東を中心に外交官として活躍。その後、2003年に退職しタイ料理店「ティーヌン・新橋店」 に就職。2004年より独立してタイ料理店「クルン・サイアム」を立ち上げた。飲食店経営者としては異色の経歴を持つ。


(取材=まえだ ひろゆき)

インタビュー一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2019 Food Stadium.,Ltd. All Rights Reserved. All Rights Reserved.