飲食店・レストラン“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアムワールド」

インタビュー

【タイ発】自分が行きたいと思う店を作っただけなんです Karaoke Bar Woodball 後藤俊行(とっぴー)

タイ人のあいだでの日本食人気は相変わらず高く、日本からタイに進出してくる飲食店はいまだに後を絶たない。その多くがタイ人の集客を見込んで彼らの嗜好に合わせたメニューや出店先の物件探しに注力している。その一方で、タイに在留している日本人をメインの顧客として展開する日本人経営者も少なくない。

現在タイにおいて日本国大使館へ在留届を出している日本人の数は、2019年に外務省が発表した数値で75,647人おり、米国、中国、オーストラリアに次ぐ世界第四位の在留邦人数となっている。これに在留届を出さずにタイに長期的に滞在している日本人を含めれば、10万人規模の日本人が住んでいるのではないかとも言われている。

これらの日本人をターゲットにするだけでも相当な市場だが、そもそも今のようにタイ人が日常的に日本食を口にするようになる前の1990年代以前は、ごく一部のタイ人を除いて、日本食レストランの顧客はほぼ在留日本人だった。今よりずっと少ない20,000−30,000人程度の日本人を相手に商売をしていたことになる。

今回インタビューにご協力いただいたのは、2009年に日本人向けカラオケバー「ウッドボール」をオープンして以来、10年以上タイで活躍されている後藤 敏行さん。後藤さんは、カラオケバーにとどまらず、日本式カレー店、ラーメン店、居酒屋など様々な業態の飲食店を手がけてきた。そして、それらの店に共通していることは、後藤さん自身が行きたくなる店、日本人のお客さんが居心地のいい店。

今回はそんな後藤さんに、これまでの経緯などあらためてお話を伺った。


(取材=まえだ ひろゆき)

インタビュー一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2019 Food Stadium.,Ltd. All Rights Reserved. All Rights Reserved.