飲食店・レストラン“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアムワールド」

インタビュー

【タイ発】お笑い芸人から飲食業界に転身 バンコクでミシュラン星を目指す All Blue Food Co., Ltd. 井上 虫歯二本

バンコクの日本食レストラン市場がレッドオーシャン状態になったと言われて久しい。日本食レストラン全体が増加傾向にあるにもかかわらず、業態よっては出店数と退店数が拮抗してしまっている例もある。特に、居酒屋業態、焼肉店業態でこの傾向が激しい。バンコクに出店してから長い時間が経ち、順調に売り上げを伸ばしてきたはずのお店でも競争の激化から退店に追い込まれるケースも珍しくない。

このような情勢の中、顧客層の変化に対応したメニューの大幅入れ替え、業態の転換などによって生き残りを模索する店舗が多い。それまで、圧倒的に日本人の顧客が多かった日本食店がタイ人顧客の増加に合わせて、アルコール類の売上減に対応した食事中心のメニューに刷新した例や、日本人対象の居酒屋業態だった店舗をタイ人顧客の嗜好に沿った食べ放題メニューに特化することで、タイ人が行列を作ってまで来るようになった成功例もある。

今回の取材にご協力いただいた「Live Kitchen 天翔」を出店したAll Blue Food Co., Ltd.は、日本では居酒屋とラーメン店を経営している。しかし、今回のタイ進出にあたって、バンコク中心部のスクムビット、ソイ24にあるホテルの1階に店舗物件を確保したことから、日本でも経験のない本格高級和食店をオープンすることにした。バンコクでは人気業態ではあるが、飽和状態にある居酒屋、ラーメン店での勝負を避けてより強くタイ人顧客に訴求する業態としての選択だ。

市場環境と店舗立地という要素を考慮した経営的判断ということになるが、経験値のない業態を海外進出の1号店に選んだというのは、勇気のある決断だったと思う。もちろん、一流の和食の料理人を採用したり、オープンキッチンに対応した設備への投資も含めて周到な準備も欠かしていないのではあるが。

そして、インタビューに登場するのは、「Live Kitchen 天翔」の顔となるマネージャーの 井上 虫歯二本さん。井上さんは九州から東京へお笑い芸人を目指して上京。そして8年後、一転飲食業界で生きていくことを思い立った。お笑いにかけた思いはそのまま居酒屋店長に注がれ、阿佐ヶ谷の名もない居酒屋を地域一番店に盛り上げた。そして2019年、人生初の海外就職としてタイを選んだ。


(取材=まえだ ひろゆき)

店舗データ

店名 Live Kitchen 天翔
住所 12, Sukhumvit24, Klongtan, Kongtoey, Bangkok, 10110
電話 02 011 1102
営業時間 11:30〜24:00
定休日 なし
運営会社 All Blue Food Co., Ltd.
オープン日 2020年1月15日
関連リンク Facebookページ

インタビュー一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2019 Food Stadium.,Ltd. All Rights Reserved. All Rights Reserved.