飲食店・レストラン“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアムワールド」

インタビュー

【タイ発】オープン以来こだわりの店作りを目指す ミシュランガイド掲載で4割の売上げ増 〜Mito Spirits (Thailand) Co., Ltd. 長田 謙一〜

さる11月12日、「ミシュランガイド・タイランド版 2020年」が発表された。タイでミシュランガイドが発行されるのは今回で3年目となる。掲載された店舗数は全部で281店舗。星獲得店でいうと、3つ星はなし、2つ星が5店舗、1つ星が24店舗の計29店舗。昨年の27店舗より2店舗増えたことになる。カバーするエリアも去年加わったプーケット、パンガン島に加え、今年はチェンマイも含むこととなり、チェンマイからは新たに50店舗が掲載された。

全281店舗の中で、日本食レストランは、ミシュランガイドのカテゴリーとして和食店と寿司店に分類されるが、前者が8店舗、後者が4店舗が掲載されている。星獲得店は寿司店の「銀座鮨一・バンコク店」が1つ星を獲得している。これ以外の内訳はビブグルマンが1店舗、ザプレートミシュランが10店舗。

ミシュランガイドの評価が絶対的なものであるとは言えないが、バンコクを代表するレストランとしてこれらの日本食レストランが評価されたと考えてもいいと思う。20年ほど前までは、日本食レストランといえば、日本人を対象とした居酒屋レベルのお店かタイ人向けの焼肉店、ラーメン店くらいしかなかったことを考えれば、隔世の感があると言わざるを得ない。

このミシュランガイドの日本食レストランの中で、同じ経営者の店が2店舗掲載された。一つは「地鶏料理 けん」いま一つは「炭火焼 源」だ。これらのお店を経営するのが今回紹介するMito Spirits (Thailand) Co., Ltd.の長田 謙一さん。長田さんは今から25年前の1994年に旅行会社の駐在員としてタイに赴任し、10年後独立。2年間の準備期間を経て2006年に自ら会社を起業し、今の「地鶏屋けん」の前身となる「地鶏屋けんぞう」を立ち上げた。

2006年といえば、前年に大戸屋1号店がオープンするなどタイ人の日本食に対する関心がだんだんと高まってきていたころ。しかし実際には、フジレストランやOISHIIブッフェなど、いわゆるファミリー向けの大型店が主流で、お店の雰囲気と料理をお酒と一緒に楽しむといったスタイルのお店はほとんどなく、あったとしても在住日本人向けの居酒屋程度でタイ人には入りづらいお店ばかりだった。


(取材=まえだ ひろゆき)

インタビュー一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2019 Food Stadium.,Ltd. All Rights Reserved. All Rights Reserved.