飲食店・レストラン“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアムワールド」

インタビュー

【タイ発】伝説のすた丼屋がタイに上陸 4年間で20店舗の出店を目指す PTW FOOD Co., Ltd. 佐々木 通安

前回引用したJETROが発表した「2019年度タイ国日本食レストラン店舗数調査」によると日本食レストラン3,637店のうち、牛丼の吉野家、すき家、天丼のてんやなどの丼専門店は133店(そのうちバンコク都内に85店)が出店している。寿司店(683店)、ラーメン店(429店)などに比べると、店舗数は少ないが、カレー/オムライス専門店(60店)よりは多い業態だ。また、ラーメン業態、寿司業態など丼ものメニューを提供しているケースもかなり多くある。

牛丼、天丼などご飯に各種の具材を載せて食べる丼ものはタイの大衆向け料理にもよくある食べ方で、タイ人にとっても親和性がある。また、スープなどにコストがかかるラーメンと比べても、具材によっては低価格で提供することが可能なため、今後日本食の普及が期待される中流層のタイ人に受け入れられていくことが期待される。実際にコンビニエンスストアのお弁当類の中にもカツ丼、親子丼、カルビ丼などの日本式の丼ものメニューはすでに多く普及している。

現在、飽和状態とも言われるタイの日本食レストランの中で、今後の伸びが期待されるのが丼もの業態。前述のように牛丼では吉野家、すき家、天丼ではてんやなどがすでにタイへの上陸を果たしているが、まだまだ市場拡大の余地は大いにあるといえる。特にバンコク郊外、地方都市など、どちらかと言うと客単価をあまり高く設定できないエリアが大きな有望市場として浮かび上がってくるからだ。

このような中、今年の10月にタイに初上陸した丼もの業態は株式会社アントワークスが展開する「伝説のすた丼屋」。北海道から福岡まで日本全国に70店舗を展開する豚丼チェーン店で、日本以外ではアメリカに3店舗を出店している。その特徴は豚肉のスライスをニンニク醤油ダレで味付けしたものであるが、宗教的に豚肉への制約もなく、肉食性の強い食事を好むタイ人に広く受け入れられる可能性は多いにあるといえる。

今回は、長年タイで居酒屋などの飲食店に勤務し、新たに「伝説のすた丼屋」の誘致に成功した佐々木通安さんにお話を聞いた。佐々木さんは、2011年からタイに語学留学生としてやってきた。その後、金沢カレーの「ゴールドカレー」、居酒屋の「なぎ屋」での経験を経て独立。PTW FOOD Co., Ltd.を設立し、「伝説のすた丼屋」のタイ国でのフランチャイジーとして今年の10月に「伝説のすた丼屋」のオープンにこぎつけた。


(取材=まえだ ひろゆき)

店舗データ

店名 Stadonya Thailand
住所 4th. FL. 388 Rama I Rd, Pathum Wan, Bangkok 10330
定休日 なし
オープン日 2019年3月19日
関連リンク Facebookページ

インタビュー一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2019 Food Stadium.,Ltd. All Rights Reserved. All Rights Reserved.