飲食店・レストラン“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアムワールド」

インタビュー

肉山バンコク

【タイ発】肉山バンコク 平野健太郎 〜和牛といえばコッテリした霜降り肉をイメージするタイ人に赤身肉を訴求することができるか〜

9年前の2009年に和牛(日本産牛肉)のタイへの輸入が解禁されて以来、タイ人の間でも和牛に対する認知度が高まり、日系に限らず数多くの飲食店で和牛を提供する店が増えてきた。しかし、多くのタイ人にとって和牛とはすなわちサシが多く入った霜降り肉のこと。もともとコッテリした味付けが大好きなタイ人に和牛ブランドは大人気だ。

このようなタイの和牛市場に、2018年5月、赤身肉をウリに日本で大人気の「肉山」が上陸した。「肉山」は2012年に東京・吉祥寺に一号店をオープン。日本の赤身肉ブームの火付け役ともいわれ、メニューは5000円のコースのみながら、予約の取れないとして知られる大人気店だ。

果たして、コッテリ大好きタイ人の中に日本のような赤身肉ブームが到来するのだろうか?今回「肉山バンコク」のタイ側パートナーとして実際の店舗営業を取り仕切る。自身でもバンコクで日本食レストランを展開している平野健太郎さんにお話を聞いた。


(取材=まえだ ひろゆき)

店舗データ

店名 Nikuyama Bangkok
住所 47 Sukhumvit Rd, Khwaeng Khlong Tan Nuea, Khet Watthana, Bangkok 10110
電話 02-126-6822
営業時間 17:00〜19:30、20:00〜22:30
坪数客数 17席
客単価 3,000-3,500バーツ
運営会社 HABU PLUS (Thailand) co. ltd.
オープン日 2018年5月22日
関連リンク Nikuyama Bangkok FBページ

インタビュー一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2019 Food Stadium.,Ltd. All Rights Reserved. All Rights Reserved.