飲食店・レストラン“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアムワールド」

インタビュー

【タイ発】三原豆腐店オーナー 三原廣樹 〜タイ側パートナーであるミシュランシェフの個性とタイという国に戸惑いながらも豆腐をキーワードに新境地を切り開く〜

このところバンコクの寿司店では"おまかせメニュー"をウリにするお店が人気のようだ。少し前までは、フュージョン系の、和牛やらフォアグラやらサーモンやらの握りに甘ったるいタレを掛けて食べさせるような日本人には馴染みにくいメニューが人気だったが、正統派江戸前寿司が急増している。ネットで「バンコクxOMAKASE」を検索すると、5,000B(17,000円)前後のおまかせメニューがメインのお店やグルメサイトの特集が次々とヒットする。
好きな料理だけををアラカルトで好きなだけ注文するというタイ人の嗜好が変わったわけではなく、日本への観光客の急増で、美味しい寿司屋はおまかせで食べるものというスタイルを学習した結果だと考えられる。
この傾向は、バンコクの日本食店の他の業態にも波及するのではないか。懐石コースの日本食店にタイ人が殺到するのではないか。と考えていた矢先、今年の3月末にオープンしたコースメニューのみの豆腐専門店が一ヶ月先まで予約が取れない人気店になっている、しかもタイ側のパートナーがあのバンコク版ミシュランで二つ星を獲得したガガンのオーナーシェフだと聞き、バンコクに海外1号店を出店した三原豆腐店オーナーの三原廣樹さんにインタビューを試みた。


(取材=まえだ ひろゆき)

店舗データ

店名 Mihara Tofuten Bangkok
住所 159/3 South Sathorn, Maha Mek, Sathon, Bangkok 10110
電話 083-655-4245
営業時間 18:00〜23:00
定休日 日曜日
客単価 5,000バーツ
オープン日 2018年3月29日
関連リンク Mihara Tofuten Bangkok FBページ
関連リンク 三原豆腐店 FBページ
関連リンク 三原豆腐店ウェブサイト

インタビュー一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2019 Food Stadium.,Ltd. All Rights Reserved. All Rights Reserved.